グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  部門紹介 >  栄養管理室

栄養管理室


栄養管理計画書・栄養ケア計画書を作成しています

入院後、体重などの身体計測値や血液検査値、食事摂取状況などから、栄養に関する問題点を把握し、医師や看護師など多職種と相談の上、改善に向けた計画書を作成しています。計画書は、ご家族様へ説明し、同意のサインをいただいています。

経口移行加算、経口維持加算の取り組みを行っています

(介護療養型病棟のみ)

経口移行加算

経口移行加算とは、経管により栄養を摂られている患者様を対象に、経口摂取への移行に向けた栄養管理、取り組みを行うものです。医師の指示のもと、言語聴覚士による摂食機能の評価を行い、看護師、介護士などの多職種とともに、経口移行加算計画書を作成しています。

経口維持加算

経口維持加算とは、口から栄養を摂られている患者様のうち、咀嚼・嚥下障害のある方、認知症によって食事摂取量が低下している方を対象とし、誤嚥せず、口から食べることが続けていけるよう、食事形態やとろみ量の調整、栄養管理を行うものです。医師、看護師、介護士、言語聴覚士などの多職種とともに、経口維持加算計画書を作成し、食事摂取の様子を観察したり、月に1回、カンファレンスを行います。

食事の種類

医師の指示に基づいて、さまざまな食種をご提供しております。
●普通食
●軟菜食
●きざみ食
●ミキサー食
●固形化ミキサー食
●ゼリー食
●流動食
●特別治療食(糖尿病食 腎臓病食など)
●経管栄養(濃厚流動食)



行事食

季節感を感じて頂けるよう、行事食をご提供しております。
お正月やひな祭り、クリスマスなど、年に10回程度実施しております。


選択メニュー食

普通食、軟菜食を食べられている患者さまを対象に、週に1回、昼食のみ行っています。
2種類のどちらかを選択して頂けます。

鮭のホイル焼き

赤魚の煮つけ

おやつレクリエーションを行っています

レクリエーションの一環として、年に数回、手作りのおやつを提供しています。