グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  看護部(看護・介護) >  看護部長あいさつ・理念

看護部長あいさつ・理念


看護部長あいさつ

2000年介護保険と同時に当院は現在の西島町に介護療養型病院として新築移転をしました。高齢化社会、医療情勢変革の中で慢性期の当院には急性期病院から医療度の高い患者様や認知症の患者様、また人生の最期を病院で迎えられる患者様が多く入院されております。 多職種が一丸となり、患者様・ご家族様、また地域の皆様からの要望を真摯に受け止め(耳を傾け)療養型病院ならではのサービスを提供し、皆様の要望に応えられるように日々努力しております。  
看護部は当院の看護・介護理念のとおり、患者様の尊厳を守り、患者様とご家族様のそばに寄り添って悩みを共有し、心身ともに安らぎを感じて頂くこと、そして当院に入院して良かったと満足していただけるような看護・介護を目指しております。

職員には患者様の安全のための知識・技術は元より、何よりも笑顔を大切に、そして何を大切にそのケアを行っているか、主体的に考え行動できるような人材を育成することを目標に教育を行っております。特に介護療養型では看護師と介護士の協働が重要と考え、チーム体制を整え、介護士の教育にも力を入れ取り組んでいます。
 職員のほとんどは家庭と両立をしており、子育ての先輩からいつも優しく声をかけて「お互い様」精神が旺盛の温かい病院です。休日も多く、今年は保育所も増設し働きやすい職場環境づくりにも努めております。

看護部長 近藤京子

看護・介護理念

  • 患者様の療養生活の安全安楽に責任を持ちます。
  • 患者様を温かい心とやさしい手でお世話いたします。
  • 患者様の悩みを共に悩み、共に解決できるよう努力いたします。
  • 患者様が一日も早くご家族と暮らせるように、お手伝いいたします。
  • 患者様の笑顔を励みとして、自らを研きます。